自動車税の仕組みについて
自動車やバイクを所有している人には、毎年自動車税の支払い義務が発生します。
登録されている全ての車が対象となるため、車検を受ける受けないにも関わらず、納税義務が発生します。
そして自動車税の金額は、排気量等で決定されます。
排気量では、軽自動車や乗用車では、税金の金額が異なります。
事業者が使用している車も、金額が異なります。
またエコカー減税と言う制度もあり、環境に優しい車に乗るとお得に利用できる制度もあります。
税金を納めた証明書である、納税証明書は、車検の際に提出する重要な書類です。
納税を拒否し車検に持ち込んでも、車検を受ける事ができないため、納税は必ず必要です。
引越しをした時は、新しい住所地を管轄する、運輸支局等で住所変更手続きを行います。
車を譲度した時や、車を使わなくなった時は、15日以内に運輸支局に移転または登録抹消を行う必要があります。
この様に、車に関する手続きは、早急に行う必要があります。
早めに手続きを行わないと、支払い義務が発生するため、早期対処・早期解決できます。
そして納められた税金は、道路整備等に使用されます。
全ての人がキチンと納める事で、快適なカーライフを送る事ができます。
自動車の画像

自動車にかかる費用を節約したい場合には税金の安い軽自動車の選択肢も考慮しよう
自動車というのは高価な買い物ですが、お金がかかるのは何も購入時だけではありません。
お金のことを考えるならば自動車は維持費にも目を向けなければならないのです。
維持費の中でも代表的なガソリン代を節約できるよう、最近では自動車の性能の中でも燃費にこだわった製品が数多く出回っています。
自動車を動かすために必要なガソリン代を節約することが出来るなら、当然それだけ維持費も安く済むということになります。
参考出典サイト:自動車税の123・・・自動車税・重量税・取得税の情報など
他にも自動車を維持するのにかかる費用はいくつもありますが、その中でもただ自動車を持っているというだけでかかるのが自動車税です。
ガソリン代は時々しか自動車に乗らないという人にとってはそこまで重要ではありませんが、自動車税だけは普段運転しているかどうかに関わらず税金として支払わなければなりません。
そんな自動車税ですが、普通車と軽自動車では大きな差があります。
あまりにも差があるということで軽自動車の自動車税が値上げされましたが、それでもなお普通車との金額に大きな差があるのです。
中古車などを購入する際、同じ値段なら普通車をと考える人もいますが維持費のことも考えると軽自動車という選択肢もあるということを覚えておくと良いでしょう。

自動車税の税額は用途や排気量によって異なります
自動車税は、4月1日現在で自家用車を所有している人に課されます。
軽自動車税も4月1日現在で所有している人に課されます。
(一部都道府県や市町村では時期が異なる場合があります)
年度の途中で自動車を所有することになった場合には月割りした額を納めます 。
逆に、年度途中で末梢登録をした場合には、月割りで計算されて、差額が還付されます。
自動車税の税金の額には違いがあります。
それは、自動車の種類や用途、排気量などにより決められています。
その決められた額をきちんと納めなくてはいけません。
納付方法は、だいたい4月の下旬から5月の上旬にかけて、自動車税納税通知書が送られてくるので、それに従って納付します。
納付場所は、銀行や郵便局の他に、コンビニエンスストアでも納付することができるようになっています。
納税時に納税証明書を受け取りますが、これは車検の時に必要ですのでなくさないように保管しておいて下さい。
もし、なくしてしまったという時には、自動車を登録した都道府県税事務所に問い合わせの上、再発行をすることも可能ですが、なくさないようにしましょう。
また、納付をうっかり忘れて滞納してしまった時はどうなるのでしょうか。
そういう場合には、ペナルティが課されます。
税額は、納付期限の翌日から納付までの日数に応じて計算され、滞納金額を加算して納付しなければいけません。
そのため、きちんと期限内に納めましょう。

自動車を所有するときに発生する税金の基礎知識
自動車を購入する時には消費税が必ず発生しますが、それ以外にも考慮しなければならないのが自動車税、自動車取得税、自動車重量税の3つの税金です。 自動車税は毎年定期的に支払う税金で、自動車取得税は車を買う時に発生する税金です。 そして自動車重量税は、車検の時と車の新規登録時に支払う税金となります。 支払うタイミングがそれぞれ異なることをしっかり把握しておきましょう。 まず自動車税についてですが、これは自動車の所有者に対して毎年4月1日に課せられる税金です。 この場合の所有者は、車検証に記載されている人物を指しています。 軽自動車を所有している場合は、軽自動車税と呼ばれるケースも多いです。
そして自動車税の金額は、車の総排気量によって異なります。税額は法律で定められており、総排気量が1リットル以下の場合は29,500円、1リットル超から1.5リットル以下の場合は34,500円です。
排気量が増えれば増えるほど税額も段階的に上がり、6リットル以上になると自動車税は111,000円になります。
3倍以上の差が出るケースもあるため、総排気量は車を選ぶ時の重要なポイントだと言えるでしょう。
また、自動車税は環境負荷の度合いによって金額が異なるケースもあります。
例えば、ガソリン車で新車登録後から13年を超えた場合、約15%の重課税が発生します。
軽自動車の場合は、13年超で約20%です。
したがって、中古車を購入を考えている場合は新車登録後の経過年数もチェックしておいた方が良いでしょう。

続いて、車の購入時に発生する自動車取得税についてですが、これは50万円以上の車を買った所有者に課せられる税金です。
新車の場合は単純に税率をかけた金額を、中古車の場合は残価率で計算された金額を支払うことになります。
新車の自動車取得税率は、普通自動車と営業用自動車が2%、軽自動車が3%です。
また中古車の残価率については、経過年数が長ければ長いほど税額が低くなる仕組みになっています。
そして、車検時と新規登録時に支払う自動車重量税は、所有する車の重さによって金額が決定する税金です。
車検の時に明細書の内訳をチェックしてみると、この自動車重量税が必ず盛り込まれています。
普通自動車の場合、税額は0.5トン増えるごとに高くなります。さらに車の経過年数によって課せられる金額も変わるため、中古車の場合は経過年数も重要なポイントになることを覚えておきましょう。