自動車の任意保険はなぜ必要か
車に入ると加入しないと言われているのが、任意保険です。
正直高い気がします。
月額5,000円なら、年間60,000円です。
ちょっとした旅行にいけますし、なんのための自賠責保険なのか?と思ってしまいます。
任意保険を外すだけで、月の支払いが楽になりそうです。
そんなあなたのために、自動車の任意保険はなぜ必要なのか?という点について解説してきます。

自賠責保険の対象は対人責任のみ
自賠責保険の適用は対人責任のみです。
それも、相手がケガをした時に限定されます。
もし、運悪く交通事故で相手の車が壊れた場合、修理費は自分持ちです。
車にぶつけた場合、100万円近く請求される可能性があります。
さらに、建物や設備、自販機など道路やそのそばには高額な物がたくさんあります。
対人のみ保障では全く安心できないことがお分かりいただけると思います。
対人責任は3000万円まで
相手にケガをさせたとしても、自賠責保険は安心できません。
自賠責保険の対人責任は最大3000万円と決まっているからです。
最近の判例では、ケガをさせた相手への賠償額が高額になってきており、油断ができません。
相手が高度障害になったケースで4億円近い損害賠償額がでています。
自賠責保険の限度額を超えており、払いきれないです。
このようなことから、任意保険は必要と言えます。
保険会社と直接交渉する必要がある
自賠責保険で賄う場合、保険会社と直接交渉する必要があります。
筆者は、追突の事故で保険会社と直接交渉する機会がありました。
とにかく面倒の一言です。
ちょっとしたことで、確認の電話がかかってきます。
また、担当者も車とケガと担当者が別れており、それぞれ違うことを言われます。
最終的に弁護士に依頼することになりましたが、二度とやりたくないです。
また、相手は交渉のプロです。
責任割合が変わることもありますし、もしかすると10:0扱いになる可能性があります。
筆者は4ヶ月の治療が必要なところを2週間で済ましてほしいと言われました。
弁護士の対応で、なんとかなりましたが、明らかにひどい対応です。
任意保険に加入することで、めんどくさい交渉は保険会社でやってくれます。
お客様として相手をしてくれますので、対応も優しいです。
厳しい対応を受けたくなければ、任意保険を加入することをおすすめします。
まとめ
・自賠責では、自分のケガや相手の車は補償でされない
・自賠責を超える金額は補償されない
・最近の判例では、億単位の賠償責任を受ける可能性がある
・保険会社と直接交渉する必要がある
このようなことから、任意保険は必要です。
自動車を運転する上での最低限の備えだと思っておくことをお勧めします。