車にかかる税金とは?

車を所有するという事は税金かかるということです。
自動車税や軽自動車税というものは毎年4月1日、自動車の車検証上の持ち主に対して自動的にかかってきます。
そのため、もしも車を手放すのであればその手続きをしっかりとしておかなければ車を持っていないにもかかわらず自動車税がかかるということになってしまうので注意が必要です。
もしも廃車をする場合はしっかりと登録の抹消しなければいけませんし、誰かに車を譲るのであれば名義変更が必要です。
そうしなければいつまでも自分に税金がかかります。
さらに毎年4月1日に税金がかかりますからそれより前に車を手放すことによって節税することも可能です。

また、自動車の税金はその車の使い方や総排気量によって変わってきます。
例えば、総排気量が1リットル以下で29,500円、1リットル声の場合は0.5リットル刻みで税金が上がっていきます。
1リットル以下であれば29,500円、1リットルから1.5リットル以下であれば34,500円、1.5リットルから2リットルであれば39,500円となっていきます。
また、自家用乗用車軽自動車の場合は一律で10,800円ですから、当然ながら税金という面を見ると軽自動車の方が安いということがわかりますね。

また、環境によいエコカーであれば優遇措置があります。
燃費基準の達成度合いにもよりますが、自動車の場合は50%から75%厳選することが可能ですし、軽自動車の場合は25%から75%税金を安くすることができます。また車を登録した翌年度分から優遇措置が適用されますので、新しく車を購入した場合はその点も覚えておきましょう。例えば、平成32年度燃費基準+10%を達成すれば50%の減税、平成32年度燃費基準+30%の達成であれば75%減税することができます。
次世代自動車であれば75%の減税になります。
だだし、この減税制度は新規登録の翌年1回のみです。
さらに、年数が経過した車、つまり環境に負担がある車は税金が重くなります。
ですから長年所有している車で税金が高いものがあれば、タイミングを見て車を買い替えても良いかもしれませんね。