車検で支払う費用の内訳

車検の費用の内訳ですが、具体的には2種類あります。
法定費用基本料金の2種類なのですが、それぞれの費用にはさらに細かな内訳があります。
そこで今回は、車検の具体的な内訳を取り上げてみましたので、参考にして下さい。

法定費用の内訳は3つある

法定費用の具体的な内訳ですが、具体的には3種類の費用がかかるのです。
まず重量税です。
車の重さに応じて税額は異なり、大きな車ほど料金も高くなります。
ただし燃費が優れている車種の場合はエコカー減税が適用されますから、重量税は低めになります。
そして自賠責保険の料金です。
車を運転するなら、ほぼ全員がその保険に加入する必要があります。
金額は統一されていて、軽自動車は25,000円前後になりますが、普通自動車は25,800円前後です。
それと検査の手数料です。
そもそも車は、検査場で車検を受ける事になりますが、その際には書類も提出する事になります。
書類には印紙も貼る事になり、その料金は車のタイプによって異なります。
軽自動車は1,400円で、小型自動車は1,700円です。
小型以外の普通自動車は、1,800円になります。

車検基本料金の具体的な内訳

さらに車検基本料金にも3つの内訳があり、その内の1つは24ヶ月点検整備です。
車検を継続的に受ける為には、24ヶ月定期点検も受ける事になります。実に56項目あるのですが、その費用も車によって異なります。
軽自動車は16,000円台ですし、1,500ccクラスの車なら21,000円台になり、2,500ccクラスなら29,000円前後になります。
それと検査代です。
車検を受ける時の整備を見積もる際の、手数料のようなお金です。
そして代行手数料です。
車検には様々な種類があるのですが、車検場に車を持参して検査を受ける場合は、手数料も支払う事になります。
事務手数料と表現される事もありますが、ディーラーですと1万円前後になる事が多く、カーパーツ店は13,000円ぐらいになる事が多いです。
ただし後者のカーパーツ店ですと、上述の24ヶ月点検の費用を含んでいる事もあります。